東京都内避難場所(便利マップ)

3.11を忘れない! 万一の備えに、3.11での経験をポケットに入れておこう!

東日本大震災で帰宅困難者が都内に大量発生したとき、避難所などを見つけられるようにと作成されたマップです。公式な避難所マップではありませんが、3.11の実績を踏まえているので、将来の災害時にもきっと役立つはずです。

震災の経験を将来の備えに活かそう!

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、都内で交通網が完全に麻痺して、大量の帰宅困難者が出ました。その数は、東京都だけで350万人超と言われています。その日は帰りたくても帰れず、途方に暮れた人々が街にあふれていました。

こうした帰宅困難者に休む場所や食べ物などを提供すべく、公共施設や学校、一部の商業施設などが場所を解放しました。混乱と不安のただ中で、身を休める場所が得られることがどれだけありがたかったか。

この「東京都内避難場所」マップは、最寄の避難場所をすぐに見つけられるようにと、東日本大震災当日に作成されたものです。

自宅や職場そばの避難場所、3.11で何が起こったのかを確認しておこう!

一部のピンだけですが、詳細ページを見ると、震災時にツイッターで発信された情報などが残されています。「温かいお茶がある」「ここはもういっぱい」「食事の無料配布あり」など、生々しい記録が残されています。

地点詳細情報には、3.11の震災時に書き込まれた情報がそのまま残っています。過去の情報ですが、震災時にその場所がどう機能したのかを確認できます。

もちろんこれらは過去の情報ではありますが、3.11の震災時に何があったかという情報は、将来別の災害が発生したときにもきっと役立つでしょう。

使わないで済めばそれに越したことはありませんが、もしものときのために、ダウンロードしておきたいマップです。

ロケスマをすでにインストールしている方はこちら

ロケスマをすでにインストールしている方は、以下のボタンをタップすればマップ(無料)をダウンロードできます。

  • ロケスマをすでにインストールしている方は、ここをタップしてロケスマのマップをダウンロード

ロケスマアプリをまだインストールしていない方はこちら

ロケスマアプリ(無料)をまだインストールしていない方は、まずはお手持ちのスマホに対応したロケスマアプリを以下からイントールしてください。

  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてiOS用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード
  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてAndroid用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード

ご注意:「ネットで見つけた便利マップ」は、Googleマイマップで公開されているマップをご紹介しているものです。情報の内容について、ロケスマの開発元が保証するものではありません。ご注意ください。また「ネットで見つけた便利マップ」については更新機能が提供されません。最新版のマップに更新するには、すでにダウンロードしたマップをいったん削除して、再度ダウンロードしてください。

ロケスマとは何ですか?