巡って巡ってゴトーチ ア・ゴーゴー!!

土地土地の文化・風習を歌い上げる、ご当地ソングで諸国漫遊

昭和時代のご当地ソング・レコードを日本縦断で精力紹介。思わず笑っちゃうジャケ写とタイトルが連発です。

ダサくも活力みなぎる時代の日本を堪能!

みなさん、レコードって知ってますか! プラスチックに溝が掘ってあって、そこにレコード針をそっと落として音楽を聴くという、そんな風流な時代もあったんです。

それはともかく、日本の土地土地を演歌や歌謡曲にした「ご当地ソング」ってのがあります。最近だと、えーと、うーん、思いつきません……。現代のようにコンビニもファミレスもなかった戦後日本は、いやがうえにも地方地方に特色がありました。そんな地方の文化や風習などを歌に取り入れて、地元の応援を追い風にヒットを狙ってしまおうというのが「ご当地ソング」でした。

スマホを使いこなしている若い方にはピンとこない世界でしょう。そんなあなた、ご当地ソングの世界をマップで堪能してはどうでしょうか。この「巡って巡って5102(ゴトーチ)ア・ゴーゴー!!」(以下、「ゴトーチ ア・ゴーゴー」)ならそれが可能ですぞ!

さあ、江戸代表はこれ、杉さまの「東海道は西へトントン」だっ! タイトルはまったく意味不明ですが、そんなこたぁどうでもいいのです。あまりに若々しい杉さまが、この満面の笑顔ですよ。もう、水泳バタフライの松田選手かと思っちゃいました。

このようにゴトーチ ア・ゴーゴーは、ジャケ写もしっかり収録して、各ご当地ソングを楽しく解説してくれてます。ちなみにこの「トントン」は、「お座敷調コミカル曲」だそうです。と、聞いてもわかりませんね。雰囲気で理解しましょう。

水泳バタフライの松田選手をほうふつとする、若い杉さまが西へトントンだっ! 「お座敷調コミカル曲」だそうで、字面じゃわからないけど、曲調は写真から想像できちゃいますね! そしてA面は「野郎笠」ときたもんだ!

何でいまの日本はこんなに暗いんだろう…。そんな思いがよぎったら、日本が元気だった時代のご当地ソングで日本を巡り、元気をもらっちゃいましょう!

ロケスマをすでにインストールしている方はこちら

ロケスマをすでにインストールしている方は、以下のボタンをタップすればマップ(無料)をダウンロードできます。

  • ロケスマをすでにインストールしている方は、ここをタップしてロケスマのマップをダウンロード

ロケスマアプリをまだインストールしていない方はこちら

ロケスマアプリ(無料)をまだインストールしていない方は、まずはお手持ちのスマホに対応したロケスマアプリを以下からイントールしてください。

  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてiOS用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード
  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてAndroid用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード

ロケスマとは何ですか?