ロンドンオリンピック2012 マップ

Googleマップでオリンピック競技場を旅しよう!

オリンピックの競技会場がどこにあるのか、ひと目でわかります! ピンのイメージは、開催種目を表しています!

いよいよ、この7月27日からロンドンオリンピックが始まりますね! こちらは、オリンピック開催地であるイギリスに思いを馳せ、オリンピックへのボルテージを上げられるマップになってます!

ああっ、ここで熱いスポーツの祭典が繰り広げられるのだ!

それではさっそくツアーを開始しましょう! まずは開会式や陸上競技が行われるオリンピック・スタジアムから。日本にいてマップを表示すると、遠く地球の裏側にあるイギリスにピンが降ってくるので、右下隅にあるツアーボタンをタップしてみましょう。するとこのように、いきなりオリンピック・スタジアムが拡大表示されます。

右下のツアーボタンをタップして、オリンピック・スタジアムを拡大表示したところ。何、なんの感動もない? ちょっとお待ちください。

えっ? これだけじゃ感動もへったくれもない? そういう方は、ぜひとも「航空写真」表示を試してください。左下にあるアクションメニュー・ボタンをタップして、一覧から「『航空写真』表示」ボタンをタップします。すると、次のようにスタジアムの航空写真が表示されます。

「『航空写真』表示」ボタンをタップして、航空写真に切り替えたところ。スタジアムがバッチリ見えますゾ!

先ほどのツアーボタンをタップすると、次々と競技会場をツアーできます。ピンの詳細ボタンをタップすると、その競技場に関する情報サイトのリンク、その会場で実施される競技、出場予定選手などが一覧表示されます。

ピンの詳細ボタンをタップしたところ。競技場に関する情報ページのリンク、開催種目、出場予定選手などが一覧されます。

出場予定選手が、公式ブログなどを公開している場合には、名前がリンクになっていて、これをタップするとブログを読めます。ブログを公開している選手はけっこう多いです。選手の普段の生活なんかが垣間見えて、テレビなどでは見られない一面を確認できたりしちゃいます! 次の画面は、卓球の福原愛選手のブログページを表示したところです。

選手が公式ブログなどを公開しているときは、名前の部分がリンクになっていて、簡単にジャンプできます。

この調子で、ウィンブルドンも、サッカースタジアムも、次々ツアーできます! イギリス全体を表示してみると、サッカーの会場はイギリス全土に点在していることがわかります。サッカー競技の観戦に現地入りする人は、移動がちょっと大変そうです。

サッカースタジアムの1つ「オールド・トラフォード」。サッカー会場はイギリス全土に点在しています。

お時間のあるときにこのマップでツアーして、ぜひともオリンピック気分を盛り上げてください!

ロケスマをすでにインストールしている方はこちら

ロケスマをすでにインストールしている方は、以下のボタンをタップすればマップ(無料)をダウンロードできます。

  • ロケスマをすでにインストールしている方は、ここをタップしてロケスマのマップをダウンロード

ロケスマアプリをまだインストールしていない方はこちら

ロケスマアプリ(無料)をまだインストールしていない方は、まずはお手持ちのスマホに対応したロケスマアプリを以下からイントールしてください。

  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてiOS用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード
  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてAndroid用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード

ロケスマとは何ですか?