東日本大震災動画(便利マップ)

東日本大震災の記憶と経験を過去のものにしないために

各地で撮影された東日本大震災の動画を地図にマッピングしています

大震災のときに撮影された動画を、場所ごとにプロットしています。震災時、各地がどんな様子だったのかがリアルに伝わってきます。

※このマップから参照される動画には、津波被害の様子など、なまなましい映像が含まれています。視聴にあたってはご注意ください。

2011年3月11日、宮城県沖を震源とする大地震が発生。その後の大津波などにより、死者・行方不明者はおよそ1万9000人にも上る未曾有の大惨事は、東日本大震災として歴史に刻まれることとなりました。

大地震により東京の交通網は完全に麻痺し、多くの帰宅困難者が途方に暮れながら思い思いの場所で一夜を明かしました。震災の影響を直接に受けた東北地方の方々がなかなか以前の生活を取り戻せないでいる中でも、多くの日本人にとって東日本大震災の記憶は、少しずつ過去のものになってきています。

しかし首都直下型地震や南海トラフ地震など、地震大国日本は、いつ再び大地震に見舞われるかわかりません。今後起こるかもしれない災害に東日本大震災の教訓を生かすには、なによりも震災を過去のものにせず、一人一人が災害の発生に向けて準備を怠らないことだと思います。

この「東日本大震災動画」は、震災当時に撮影され動画共有サイトなどにアップロードされた動画の撮影地をプロットしたものです。ピンの詳細情報から、動画を再生することができます。未編集の動画は、非常にリアルに、震災当時を思い起こさせてくれます。天災をいつでも身近に感じて備えるために、ぜひとも参照したいただきたいマップと動画です。

岩手県釜石市で撮影された映像。未編集の動画が、津波が迫る過程で、現場にいた人々がどのような心境変化をきたしのか、なまなましく伝えています。

ロケスマをすでにインストールしている方はこちら

ロケスマをすでにインストールしている方は、以下のボタンをタップすればマップ(無料)をダウンロードできます。

  • ロケスマをすでにインストールしている方は、ここをタップしてロケスマのマップをダウンロード

ロケスマアプリをまだインストールしていない方はこちら

ロケスマアプリ(無料)をまだインストールしていない方は、まずはお手持ちのスマホに対応したロケスマアプリを以下からイントールしてください。

  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてiOS用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード
  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてAndroid用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード

ロケスマとは何ですか?