図書館(オリジナルマップ)

電子書籍時代が到来したいま、改めて図書館の価値を考えてみる

案外近所にあるのに、行かない人はぜんぜんいかない図書館。このマップで一度訪れてみては?

古臭い本ばっかりと思いきや、案外に新刊書も豊富にそろえてくれています!

小学校時代は、読者感想文の題材探しや、夏休みの宿題をやりにといいつつちょっと涼みに、単なる暇つぶしなどなど、けっこう図書館に足を向けたものですが、いつのころからでしょうか、パッタリと行かなくなってしまう町の図書館。無料で本が借りられて便利だけど、公共の図書館なんて古臭くてお行儀のよい本ばっかりにちがいない、やっぱり売れ筋の新刊が読みたいけど、そういう本はないだろうなぁ…。と思っている人も多と思います。けれども町の公共図書館、実は人気の新刊書もとりそろえたりして、案外にがんばってますよ!

このマップは、国土交通省が公開している「平成18年度版 公共施設データ」から、「図書館」を抜き出してマップにしたものです。近所の図書館がズバッとわかります。またピンの詳細ページには、Googleでその図書館を検索した結果が表示されるので、図書館のホームページにも簡単にアクセスできちゃいます!

ピンの詳細ページを表示したところ。図書館の名前でGoogle検索した結果が表示されます。ここからホームページに簡単にアクセスできます。

このマップをきっかけにして、自宅近くの図書館に足を運んでみましょう。週末も開館しているところが多いようです。

ロケスマをすでにインストールしている方はこちら

ロケスマをすでにインストールしている方は、以下のボタンをタップすればマップ(無料)をダウンロードできます。

  • ロケスマをすでにインストールしている方は、ここをタップしてロケスマのマップをダウンロード

ロケスマアプリをまだインストールしていない方はこちら

ロケスマアプリ(無料)をまだインストールしていない方は、まずはお手持ちのスマホに対応したロケスマアプリを以下からイントールしてください。

  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてiOS用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード
  • ロケスマをまだインストールしていない方は、ここをタップしてAndroid用ロケスマ アプリ(無料)をダウンロード

ロケスマとは何ですか?