デベロッパー センター

KMLを自作する方法

自作したマップデータをロケスマにダウンロードして使うには、まずはマップのKMLファイルを作成する必要があります。KMLファイルを作成するには次の2つの方法があります。

※ご注意:ロケスマは、KML仕様のサブセットのみをサポートしています。KMLのフル機能には対応しておりません。

1.Googleマイマップを利用する

Googleが公開しているGoogleマップには、「マイマップ」と呼ばれる機能があり、GUIでピンをドロップしてマップを自作できます。作成したマップのKMLデータをダウンロードすることもできます。

Googleアカウントを作成してログオンし、Googleマップを表示します。左上に表示される[マイプレイス]ボタンをクリックし、表示される[マイマップ]ボタンをクリックして、[地図を作成]をクリックします。こうすると編集モードに入りますので、マップのタイトルや説明を入力して、地図上にマウスでピンをドロップしていきます。

2.CSV→KMLファイル 変換ツールを利用する

Excelなどのシートで地点の情報を作成し、それをKMLファイルに変換することができます。ロケスマ開発元が作成した以下のWebアプリケーションを利用します。