デベロッパー センター

ロケスマ開発者向け機能の概要

ロケスマは、KMLデータを読み込んで表示できるビューアです。ロケスマをiPhoneにインストールすると、Googleマイマップなどで作成され、インターネットに公開されたKMLデータを読み込んで表示できます。

開発者は、ロケスマを利用して次のようなことが可能になります。

  • 自作したKMLデータをロケスマに読み込んで表示する。
  • 自作したKMLデータを公開Webサイトに置いて、ネットユーザーに広く公開する。

これにより例えば、「旅行で訪れた地をプロットしてロケスマ アプリで表示する」ことや、店舗を運営する会社なら、「店舗のロケーションをKMLデータにして、ロケスマで検索できるようにする」などが可能になります。

iPhone/iPad/iPod TouchのSafariブラウザでWebページが表示されたときにだけ「ロケスマ」ボタンを表示して、このボタンがタップされたら、ロケスマを起動し、自作したKMLファイル(店舗一覧など)を自動的にダウンロードさせて、地図表示まで一気に進めることが可能です。

一部の機能は有料オプションになりますが、以上のような用途であれば、非営利、営利目的によらず、どなたでもご自由に無料で使えます。